淋病の伝播方式

淋病は淋病奈瑟菌(略称淋菌)が原因で泌尿生殖係化膿性感染を主な表現の性感染症。その発病率はわが国性感染症第2位となっている。

淋病主膿性分泌物の排出を特徴、病状が深刻な時淋菌可経血液循環播種から全身、侵犯様々な臓器によって、淋菌性関節炎、淋菌性敗血症など。淋病おもに性交伝播速度が速い、そして、感染後さん~ご日で発症するので、淋病のも1種の性感染症とともに、それも『中華人民共和国伝染病予防法》の規定の必要ポイントの予防と治療の乙類感染症。

性交は正常のほか、フェラも引き起こし淋菌性咽頭炎、アナルさえも発生する可能性のある淋菌性肛門直腸炎。そのため、性交を変える方式は淋病の有効な方法を[……]

続きを読む

STD性病の症状と検査

STD性病の機会から3週間で症状がではじめます。ただし、全く症状が出ない場合もあるので、心あたりがある方は無症状でも検査をすることをおすすめします。

STD性病の多くは症状が比較的軽いため、エイズ以外の病気に対する警戒心が薄れている傾向にありますが、近年は性感染症の内容も変化してきています。

例えば、STD性病の代名詞ともいえる「クラミジア」や「淋病」では、性器を中心としていた感染部位が口腔などにも広がりをみせていること、以前に比べて無症状のまま感染する人が増加しているため、本人が気がつかないままパートナーなどに移して感染を拡大してしまうケースが急増しているのです。

またST[……]

続きを読む

性感染症と相関病原体

わが国は現在の重点の性感染症予防の合計はちつ、すなわち、淋病梅毒、エイズ、軟性下疳、性病性リンパ肉芽腫、非淋菌性の尿道炎、コンジロームと性器ヘルペス、その前に属するさん種『日本伝染病予防法》規定管理乙類感染症、それをご種衛生部規定し感染報告必要監視と病気の種類。

淋病:淋病は現在世界の発症率が最高の性感染症は、淋菌(NG)による一種の泌尿生殖器粘膜伝染性炎症疾患を通じて、直接接触伝染性。その発症率最高、女性患者の多くは無症状保菌者に加え、産ペニシリン酵素の抗薬菌株や、染色体介導の様々な抗生物質の発生耐性菌株が現れる淋病の予防は困難となり、現在の性感染症の中の重点の疾病。淋菌進出後尿道や子[……]

続きを読む

性病STDの種類

一般的に「性病」といわれる病気にはいくつかの種類があります。
自覚症状がないものから命にかかわるものまで様々です。

しかしほとんどの性病は放置しておくと深刻化し、妊娠出産にまで影響を与えます。

よく知られている性病の種類と特徴は次のようになっています。

HIV
最も深刻なウィルスで、発症した場合死に至ることもあります
現在はHIVウィルスを完全に取り除くことができません
近年感染が拡大しています

クラミジア
非常に感染しやすく、自覚症状がでにくいため感染が急激に拡大しています
クラミジアに感染しているとHIVに感染する確率が数倍に上がるため
STDの中では[……]

続きを読む

性病と包茎の関係

包茎の状態が確認される場合、亀頭が常に包皮に覆われているため、亀頭部が常にジメジメした状態にあります。包茎ですと、亀頭部は恥垢がたまりやすく、さまざまな病原菌を繁殖させる温床になります。

包茎の状態は、極めて不衛生であることから、性病(性感染症・STD・STI)にかかる確率も当然高まります。

国際学会などでは、包茎とHIV(エイズ)の関連性を説く専門医もいるくらいです。
また、包茎の方が感染しやすい性病として症例数が多いものに、尿道炎と尖圭コンジローマがあります。これらの性病は性行為時に陰茎部の余った皮が亀頭部に被ることで、尿道口に広がりやすくなります。そこから病原菌が入って感染[……]

続きを読む

淋病の検査法と治療法

淋病と共に10代〜20代の若年者に流行している性行為感染症です。感染初期には帯下(おりもの)の増加や不快感などを認めますが、クラミジア同様自覚症状が乏しく慢性化します。女性の場合卵管炎を引き起こして将来不妊症や子宮外妊娠の原因となります。

淋菌感染症という名称からもわかるように、「淋病」の原因となっているのは「淋菌」と呼ばれる菌です。

この淋菌の感染力は非常に弱いというのが特徴となっています。

粘膜から離れた場合、数時間程度で感染力を消失してしまう上、日光や乾燥等によっても簡単に死滅するほどの弱い菌なのです。ですから、性交渉以外での感染は非常に稀となっています。

検査が[……]

続きを読む

STD性病の正しい知識

また、今は、一般女性も性感染症に感染している場合が多く、クラミジアに関しては女性の5%が感染していると言われています。これは、過去に20人の女性と性行為をした場合、そのうち1人は感染していたことになります。

性病(STD)の感染経路は様々ですが、今までに一度でもセックスを行ったことがある方は、性病検査をすることをおすすめします。ここでは性別ごとに性病(STD)の検査を受けた方がいいのかどうかを状況別に紹介していますので、あてはまる項目があれば検査を受けましょう!

男性の性病(STD)の感染経路と症状
・同時期に複数人の女性とセックスを行ったことがある。
・過去に風俗店に行った事[……]

続きを読む